講師DJ

IDPSでは、国内外の第一線にて活躍する現役DJ、音楽プロデューサーが講師を務めます。
また、有名DJを招聘した特別講義も定期的に行っています。

東京校 講師

funkygong

Minoru a.k.a. Funkygong(DJコース主任講師)

熊本県出身。1980年代よりオルタナティブロックバンドでヴォーカル兼ギタリストとして活躍。DJとギターを同時に操る革新的表現は幅広い層に支持されており、フジロックフェスをはじめとする大型フェスにも数多く出演。ニューヨーク、アジアでの活動も精力的に展開する。2010年には待望の1stアルバム「BLOW」をリリース。全国20か所以上に及ぶツアーに臨んだ。2015年11月にも2ndアルバム「Beyond The Light」をリリース。様々なジャンルが入り込んだボーダーレスな音楽的要素で好評を博している。

講師DJ_満ちる

満ちる(DJコース常任講師)

2008年、芝浦CUBE326を拠点にDMI、Afrel名義でPsy Trance Partyを軸として主催、DJ活動もスタート。野外フェスや都内クラブを舞台に多くの有名アーティストを海外から招聘しアンダーグラウンドシーンに衝撃を与える。2012年にはYouTubeでDJ教室の番組を担当。2013年からはInternational DJ & Production School(IDPS)で常任講師を務めている。最近ではタイのパンガン島にて一ヶ月間に及ぶ海外オファーもこなし活動を広げている。

講師DJ_hata

CD HATA(楽曲制作コース講師)

Yahoo公認フェス番長”Dachambo”( http://dachambo.com )のシンセサイザー担当。
5度のフジロックへの出演、ライジングサン、朝霧jam、サマーソニックなど日本のフェスへ多数出演の他、オーストラリアツアー、アメリカツアーも行うなどワールドワイドに活動中。
CD HATA名義(https://pro.beatport.com/artist/cd­hata/190156)のテクノDJとしても、野外フェス、クラブイベントで活動中remix制作、MixCDリリース、アンビエントアルバムをリリース。
オーストラリアやフランス~スペインツアーなど海外でも活躍。
元i­depの藤枝伸介との「Polar Chalors」(http://www.naturebliss.jp/polorchalors.html)、Ableton認定トレーナーKOYASとの「CD HATA×KOYAS」(http://psymatics.net/sp/cdhata_koyas.html)、kannonsoundプロデューサーMASARUとの「CD HATA&MASARU」( http://hinowa.jp/release/index.html#HNW010 )等、多彩なリリースを重ねる。
また、300ページに及ぶ「Logic Studio テクニカルマスター」執筆や、クラブミュージック情報サイト「clubberia」での音楽機材コラム「Machine­de­MUSIC」(http://www.clubberia.com/features/feature­55­Machine­de­MUSIC/)、soundrope『100%CD HATA視点の音楽史 Vol.9』(http://soundrope.com/blog/author/cd­hata/)を展開するなど、音楽機材の知識も豊富である。

大阪校 講師

講師DJ_Dai

Energy Dai (D41)

メロディアスかつアップテンポなサウンドが特徴の Energy Dai​ 名義と、ディープな音の世界感がコンセプトの別名義 D41。トランスとテクノを巧みに使い分ける「2Style 1DJ」をトレードマークに国際的に活躍する日本人アーティスト。対極のサウンドコンセプトを持つ、世界二大TOPクラブMinistry of Sound (London)、Tresor (Berlin)のメインステージに出演した「唯一のDJ」であり、ヨーロッパ諸国のみならず、ロシア、南アフリカ、オーストラリア、シンガポール、韓国、台湾でも活躍。

講師DJ koichisato

Koichi Sato

1999年にDJ活動を開始。翌年ロックイベント”CROSS COUNTER”を主宰。FUJI ROCK FESTIVAL、渚音楽祭、THE STAR FESTIVALといった大型野外フェスへ出演。2010年、自身のレーベル”Sugar Recordings”を立ち上げ、楽曲のリリースやイベントプロデュースを精力的に行う。2011年からは東京へも活動の場を広げ、WOMB、ageHa、AIR、VISIONを中心に活動。MOGUAI(MAU5TRAP)の東京公演、BASEMENT JAXX JAPAN TOURも主宰。ラジオパーソナリティとしての顔も持ち、FM802で毎週番組DJを担当している。

講師DJ_Mika kitten

Mika Kitten

2009年にDJ活動をスタート。House、Techno、Progressive HouseそしてTranceまで、ジャンルを超えて今なお進化を続ける唯一無比のDJスタイルは最新にして独創的。スウェーデン、フィンランド、マレーシア、アメリカ、フランス、韓国でも活躍。EDM公演を数多くこなす一方で、良質なTechno/Progressive Houseにこだわったパーティー”HIMLEN”を2014年にスタート。いま大阪で最も注目のテクノパーティーの一つと言えるだろう。

講師DJ_tamu

tamu(アニソン・J-POP DJコース講師)

関西最大級の動員を誇るアニメ×J-POP融合イベント「MIXBOMB」& 2011年より毎年開催される関西の夢のオールスターイベント「FES」主催。
サブカル以外の幅広いジャンルにも参加し、DJ・VJアーティストやオーディエンスから厚い信頼と支持を受け続けている。
過去幾多のゲスト出演、台湾で開催された「ACG BunGeee」、韓国ソウルでの「OTACOS」にも出演を果たし海外でも注目を集めている。2016年3月にはアニマックス公式「ANIMAX MUSIX DJ Ngiht Osaka」へも出演。
最近では数々のアニソンシンガーのバックDJも務めており、活動範囲は関西だけに留まらず全国各地へと精力的に活動している。
ANIME・J-POP・ROCK・BASS MUSIC等を中心とし、座右の銘である “No Music No Life” を元にフロアを踊らせ続ける。

http://mixbomb.net/
https://twitter.com/tamu777

特別講師

講師DJ_木村コウ

KO KIMURA(木村コウ)

2012年でDJ25周年を迎えたKO KIMURA。日本のクラブ黎明期から第一線で活躍しテクノ、テックハウス、プログレッシヴなど広めのジャンルから今最もカッティングエッジな曲を選び、確実なDJテクニックで独自のエキサイティングでクールなグルーヴ感を醸し出す。何よりもパーティ全体の流れと組み立てを大切にしどんな会場/イベントでもフロアの雰囲気を作ることが得意。その本質的なDJスタイルは世界標準レベルと言えるだろう。東京AIRでの隔月レギュラー「REC●」は最高のデジタルサウンドをクラブ環境で追求するイベントとして神戸TROOP CAFEや名古屋MAGO、金沢AFTERHOURSなど全国各地で展開中。スタジオパートナーkazuaki noguchiとのユニット MODEWARP(モーディワープ)名義での楽曲制作とライブ活動にも積極的に取り組んでいる。

講師DJ_YUMMY

DJ YUMMY (DONUTZ, house dream)

16歳にして独学でDJのキャリアをスタート。東京芸術大学在学中に世界的なDJオーディションで才能を認められた事をきっかけに注目を浴び、Louie Vega, Kerri ChandlerからDavid Guetta, Space cowboyまで、多くのスターDJ達と共演。2007年以降”house nation”立ち上げ時のメインDJとして活躍し、その後は国内最大最高峰のvenueである”ageHa”の看板パーティ”house dream”のレジデントDJに抜擢される。代官山”AIR”では自ら”DONUTZ”をオーガナイズしフロアとの一体感を追求し続ける。現在日本 で最も多忙なDJの一人として知られIBIZAツアーなど海外含め年間120を超えるフロアでその音楽性を発揮。精力的な音楽活動はメディアでも高く評価 され2009年LOUD誌におけるDJランキングでは女性最高位をマークした。2009年リリースの”Sparkle love feat.Luciana”は現在もフロアアンセムとして愛され、ワールドリリースされた”implode EP”、”Solen”はworld NO.1 DJのArmin van Buurenらからサポートを受けヒット。2010年には待望のオリジナルアルバム”D.I.S.K.”をリリース。数々の名門ブランド店舗音楽やファッションショー音楽を総合ディレクションし、ポピュラリティとジャンルの壁を越える大胆なクリエイションで一際異彩を放つ、次世代のシーンを象徴する存在。

講師DJ_Q’Hey

Q’Hey(MOON AGE / REBOOT / BPM JAPAN)

レーベル「MOON AGE RECORDINGS」主宰。ハードテクノの代名詞的存在とも言えるパーティー「REBOOT」を西麻布elevenにて、レーベルパーティー「MOON AGE」を新木場ageHaにて開催。1989年よりDJ活動を開始して以降、今日までの間東京のテクノシーンをリードする存在として常に最前線で活躍し、多くのファンの支持を得ている。台湾、香港、シンガポール、マレーシアといったアジア諸国、ベルギー、スペイン、フランス、ドイツ、ルクセンブルグ、オランダ、ポーランド等のヨーロッパ諸国でプレイする機会も多い。国内においても伝説とされる野外フェスティバル「RAINBOW 2000」および現在最も信頼されている野外フェスティバル「METAMORPHOSE」、そしてモンスタービーチパーティー「Maniac Beach」に毎年出演を果たしている。1995年から作品のリリースを開始し、1998年には自身のレーベル 「MOON AGE RECORDINGS」をスタートさせ、その作品群はCARL COXやSVEN VATH、MARCO BAILEYなどシーンを支えるDJ達のプレイリストに載るなど、ワールドワイドに高く評価されている。

講師DJ_RYO Tsutsui

RYO Tsutsui (Weekend Worriorz, Eden)

15才よりドラムを始め、東京、ロンドンを中心に百本以上のライブアクトを経験。2000年、突如DJへ転身。EDEN@AIRのレジデントの一員としてGlobal UndergroundやSeriousなど、世界規模のパーティとのコラボレーションも成功させ、2004年にはRoom@Melboruneへの出演も果たす。また2006年には、レジデント・パーティ「EDEN」のコンピレーションCDを通じて初のオリジナルトラック”smashing pumpkin”を発表。トラックメーカーとしてのキャリアもスタートさせた。その後も、3mixer6decksアクト”Alexander Michel”として話題を巻き起こし、野外イベントへも積極的に出演。2008年に入っても新パーティWeekend warriorz を立ち上げ、Doc Martinや Giles Smith, Damian Schwartz, 2000 and Oneなど、完全に自身の独断と偏見によりセレクトしたゲストを招聘してのパーティを展開させる。2008年にはインドネシアツアーを体験、2009年2月にはタイでもそのプレイを披露し、バンコクで最も注目を集めるダンス系インターネットラジオ、UB Radioで自身の番組「Tokyo Sessions」をスタートさせるなど、アジアシーンへの進出を開始。ここ日本においても2009年RED BULLが主催するクラブイベントのコンペティション”RED BULL NIGHT MASTER”にEDENで参加し、堂々の優勝に輝き、日本のクラブパーティとして、初のタイトルホルダーの称号を勝ち取る。続けて同年11月にはパタゴニア主催のDJコンテスト”PARAGONICA”へも参加。見事、優勝に輝き、二冠を達成。2010年2月~3月にかけて2週間に及ぶ南米チリツアーも経験し、ますますその活動の幅を広げている。DJとして音をカテゴライズすることを嫌い、あくまで自分の感覚を表現する上で必要な音を鳴らすという姿勢を保ち続けていて、その繊細な感覚はとらえたものの心を離さない豊かな魅力に溢れている。